デビ・アダムスさんの「ティーチングの心得」

デビ・アダムスさんの「ティーチングの心得」

① 手は生徒のためのレファレンスポイント(参照ポイント)
 手は生徒がその人自身を、本人が自分自身を知るためにある
 どこにいるか、どんな動きなのか、どんな質なのか

② 手は最後
 手が意味あるためには、教師自身のコーディネーションが第一
 「手は後に来る」

③ Open hands, Open heart, Open mind 
 先入観を持たない 触れた時に何が起こるかはわからない

④ 定義を保留する  
 ただ、その人全体のシステムを信頼する。
 得られた情報は単に「情報フォルダ」というファイルに入れておく

⑤ ディレクションは起こるべくして起こる
 邪魔を取り除くことで結果的に起こる
 拡大方向へのディレクション(リリースとも言える)
 重力との関係で起こる →それにより首が自由になる

⑥ アドバイスしたり解決してあげようとしない 
 生徒自身が気づくようにサポートする
 相手本人のサポートをサポートすることで、自ずと答えが現れる。

⑦ 原理に忠実にレッスンする
 インヒビション、プライマリーコントロールなど

⑧ レッスンの終わりに振り返りを一緒にする(種になる)
 リボンをかけてお土産にしてもらう・・・生徒と一緒に言語化する。まとめではなく。

⑨ エゴと権力は存在しない(アレクサンダー・テクニークのティーチングにおいて居場所はない)
 生徒さんのパワーを奪わない

⑩ 快適さと馴染み深さは一致しない
 不慣れな方向を提案する勇気を持つ
 優しく挑むことを恐れない

コメント

タイトルとURLをコピーしました